FC2ブログ

つゆくさの日記

★和漢素材スープ★

モラタメのタメです。

今回は、クラシエフーズさんの「和漢素材スープ」でございます。

和漢素材スープ

「山椒清湯」「生姜清湯」「高麗人参白湯」の3種類があります。

和漢素材スープ

和漢素材スープ

和漢素材スープ

栄養成分はこのようになっています。

和漢素材スープ

見えにくいかもですが、どれも30kcal前後で、炭水化物は7g前後となっていますので気軽に飲めそうです。

早速飲んでみます。

まず、冷え症に私は「魚醤香る 生姜清湯」にしました。

和漢素材スープ

1袋に4個入っています。

和漢素材スープ

和漢素材スープ

中身をだしてみると、クコの実の赤が目立ちます。
そして、香りが何ともいえずに良いです。

160mlお湯を注ぎます。

和漢素材スープ

生姜だけあって、辛みを感じますが、身体が温まるように感じます。
漢方薬っぽいものを想像していましたが、飲みやすく作られているようで、ゴクゴク飲めました。

和漢素材スープ

次に「鶏が香る 高麗人参白湯」です。

和漢素材スープ

和漢素材スープ

こちらも開封すると良い香りが漂ってきました。

和漢素材スープ

白湯というだけあって、コンソメのような味がします。
また、生姜も含まれているので、少~い辛みも感じました。

和漢素材スープ

飲みやすくて、和食や中華など合いそうです。

冷え症が気になる人はこれで身体の中から温まりそうですし、少し口さみしい時にも、カロリー低めで栄養がある分、ジュースなどを飲むよりもこちらの方が良いのではないかと思いました。




スポンサーサイト



★ジュレリッチ ビューティーデイセラム★

モラタメのタメです。

今回は全薬工業の「ジュレリッチ ビューティーデイセラム」でございます。

ジュレリッチ ビューティーデイセラム

美容液にもなり、化粧下地にもなり、そして紫外線対策にもなるので、めんどくさがりの私には、こういう何役もこなせる商品はとても嬉しです。

ジュレリッチ ビューティーデイセラム

サンプルもついてきて、旅行の時とかに重宝するので有難い。

ジュレリッチ ビューティーデイセラム

一緒にパンフもついてますが、これはこの商品のものではなく、新商品の「トリートメントプライマー」というものの紹介でした。

このビューディーデイセラムがよければ新商品の方も期待できそうです。

早速箱を開けて試してみます。

ジュレリッチ ビューティーデイセラム

手にのばしてみました。

ジュレリッチ ビューティーデイセラム

ジュレリッチ ビューティーデイセラム

伸びが良くて肌になじみやすいなぁと思いました。

かたいテクスチャーだとお肌にぎゅぎゅと広げる感じで負担になりそうですが、これは滑らかに広がるから負担もなさそう。

香りもないので、香りに敏感な人も安心して使えそうですね。

今までは、顔用の日焼け止めにパウダーだけでしたが、日焼け止めをこの「ビューディーデイセラム」に変えてからは、日中の肌の乾燥がそれほど気にならなくなった気がします。

まぁ、一時期ほどの寒さがなくなって空気の乾燥がなくなったせいいもあるでしょうが・・・・・

同じシリーズのハンドクリームもあるようで楽しみです★







★チボッタオイル★

モラタメのタメです。

今回はチボッタオイルの「アルガンオイル」と「パンプキンシードオイル」です。

チボッタオイル

オイルというと、バターやサラダ油みたいなものを思い浮かべて、身体に良くなイメージを持ってしまう人も多いかもしれませんが、身体に必要なオイルもあるのですよね。

特に必須脂肪酸と呼ばれるオメガ3やオメガ6系のオイルは体内で作ることができません。

そんな身体に必要なオイルが手軽に摂取できるのがチボッタオイルシリーズのようです。

今回私が試したのは、2種類ですが、他にも「くるみ」「オリーブ」「アボカド」など種類があるようです。

チボッタオイル


無添加で無精製のヘルシーオイルということですが、早速開封してみます。

まずは、アルガンオイルから

チボッタオイル

アルガンオイルはオメガ9が多く含まれているようです。
チボッタオイル

オメガ9系脂肪酸の代表的なものは「オレイン酸」でオリーブオイルにも多く含まれているそうです。

アルガンオイルというのは初めてききました。

早速味見してみます。

チボッタオイル

透明の色で、香りは何となくナッツのような香りがします。

味は、表現が難しいですが、ナッツの香りと少しクセがある感じです。




次はパンプキンシードオイルです。

チボッタオイル

チボッタオイル

こちらはオメガ6系のリノール酸が多く含まれているようですが、オメガ9系のオレイン酸も含まれています。


色は茶色をしていました。

チボッタオイル

先ほどのアルガンオイルよりも更に濃いクセのある味を感じます。


オメガ9系は酸化しにくいので熱を加えても大丈夫なようですが、オメガ3系やオメガ6系はデリケートなので、生で食べるのが良いそうです。

そのため、オメガ6系のパンプキンシードオイルは、私はサラダにドレッシングと一緒にかけて食べています。

アイスやヨーグルトにも合うようです。

オメガ6は抗酸化作用があるので、加齢とともに感じる身体の衰えには良さそうです。



オメガ9系は体内でも作られるので、あまり摂取しすぎないようにするのもポイントのようで、確かに油ですから大さじ1杯ぐらいでも100kcal超えのカロリーになります。

いくら身体に良いとは言っても摂り過ぎは良くないので、適量を心がけようと思います。









★ブレンディスティック★

モラタメのタメです♪

今回は、ブレンディスティックより
「アイスカフェオレ」「アーモンドミルクココア」でございます。

ブレンディスティック

「アーモンドミルクココア」の栄養成分です。
ポリフェノールが嬉しいですね★
ブレンディスティック

「アイスカフェオレ」の栄養成分です。
ブレンディスティック

早速、「アイスカフェオレ」を飲んでみます。
ブレンディスティック

ブレンディスティック

お水をそそぎました、そのままだと溶けきらないので、しばらくグルグルかき混ぜます。
ブレンディスティック

だいぶかき混ぜてやっと溶け切りました。
ブレンディスティック

甘さがしっかりあるカフェオレです。
ブレンディスティック

甘いのが苦手な人は、駄目でしょうけれど、スイーツ代わりと思えば、これ1杯でけっこう満たされるかも?
ブレンディスティック


自分でアイスカフェオレを作ろうと思うと、すっごく面倒なので、これは手軽に出来て嬉しいなぁと思います。

「アイス」名前がついていますが、ホットでも美味しく飲めました。






★プラス糀★

モラタメのタメです♪

今回は、マルコメさんの「プラス糀」セットです。

プラス糀

これ以外にもっと数がありましたが、全体の写真を撮る前に色々試してしまいまして。。。。苦笑

りんごとゆずを飲み比べた時の写真がこちらです。

甘酒りんご
プラス糀

カロリーは79kcal
炭水化物が18gと結構ありますよね。

プラス糀

材料は、砂糖は入っていない事が分かります。

プラス糀

色は甘酒らしい白っぽい色で、とろとろととろみがあります。
プラス糀

りんごの香りがほんのりしてて、砂糖入っていないのに甘~く感じます。
りんご果汁の甘さ?米糀の甘さなんでしょうか?
お米って甘いですものね。

アルコールゼロなので子どもでも安心して飲めますが、これは好き嫌いが分かれそう。
大人の人は好きだと思います。

次は、ゆずです。

プラス糀

こちらも砂糖は無添加で、ゆず果汁が使われています。
プラス糀

カロリーや炭水化物は、りんごより少し高め。
プラス糀

色は、りんごとほとんど変わりません。
ゆずの香り、かんきつ系のさっぱりした味がします。
同じく、甘いです。
プラス糀

りんごとゆずを比べてみましたが、ほとんど見た目は変わりません。
プラス糀

どちらも美味しいですが、ゆずの方が飲みやすいかなぁ。

甘酒は飲む点滴とも言いますから、食べる量が少ない人は、これを飲むだけで栄養補給になりそうですね。

ただ、私みたいな健康な人間がごくごく飲んだらカロリーオーバーになりそうなので気をつけないとです(笑)

飲むゼリータイプもありましたが、食事の時間のない時の栄養補給にもってこいですね。

蓋ができるし、ドリンクタイプよりもお腹にたまるしで、車に乗っている時も片手で飲めて楽ちんでした。

自分で作れる「米こうじ」もありましたので、時間をみつけて作ってみたいと思います。









 | HOME |